投稿日:

歯周病はホルモンから来ているの?

お口の中の病気は大きく分けて二つに分けられます一つ目は虫歯そしてもう一つは歯周病です虫歯はご存知の通り歯の表面や歯の付け根歯と歯の間が変色したり穴があいたり神経まで虫歯が及ぶと痛みを伴ったりと自覚症状が分かりやすく表れるので早期に治療をする方がほとんどです歯周病とは歯肉の病気であり歯周病菌に侵された歯肉が炎症を起こし歯茎から血が出たり腫れてブヨブヨと締まりのない歯肉になってしまいます初期の軽度歯周病であれば強い強い症状がない為に気付かずに歯科医院の受診をしないまま過ごす方も少なくありませんしかし放って置くと中度の歯周病へと移行します疲れると歯肉が腫れたり時々出血とともに膿が出たりするなどの症状がありじわりじわりと歯を支える骨までを溶かしてしまいます重度の歯周病では歯を支える骨が溶けてしまっているので支えの無くなった歯はグラグラと揺れ抜歯をしなくてはいけなくなります揺れた歯を残して置くと隣の歯を支える骨まで溶かしてしまうからです歯を失う原因の多くがこの歯周病によるものだと言われています歯周病によって抜歯を繰り返す結果入れ歯使う事になりますいずれも不規則な食事や間食行き届かないブラッシングなどの日々の生活の積み重ねによって引き起こされる疾患でありまた老若男女が患う危険性がありますが厳密にはいくつか存在する歯周病菌の中には女性ホルモンを好んで増殖する菌の種類が存在しますこれにより男性よりも女性の方が歯周病を患うリスクが高くなります女性の体は月経や妊娠出産閉経があり男性に比べて体の変化が起こりやすい体の仕組みになっていますそれらは全て女性ホルモンの分泌により起こる変化ですがその都度お口の中の環境が変わりやすく虫歯や歯周病が進行しやすくなります女性に生まれたからには美しく健康でありたいと多くの女性が願うところですが歯周病が原因で不快な口臭がしたり歯が抜け落ちたりと大いに美しさを損ねたり更には歯周病患者が妊娠した場合早産のリスクが7倍も上がるとのデータがあり大切な子供の生命まで脅かす病気であることもあるのです歯周病になってしまった場合歯科医院で適切なブラッシング指導を受けて自宅で毎日実践する事が治療の鍵を握ります歯科医院では超音波などの機械を使って歯周病菌の住処である歯石を除去するなどプロによる歯周治療を並行して受けましょうバランスの良い食事を心掛けて足りない栄養をサプリメントから補ったりサプリメントで女性ホルモンを整えて菌に抵抗する体を作ることも大切ですますばお口の健康を意識して美しく元気な体を作りましょう

歯周病はホルモンから来ているの?」への1件のフィードバック

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です