投稿日:

眠れない不眠症の原因

1. 不眠とホルモンの関係

健康な体を維持するためにはバランスの良い食事適度な運動良質な睡眠がとても大切ですしかしこの全てを満たすことはなかなか難しく特に厄介なのが良質な睡眠をとることですバランスの良い食事を満たすには出来るだけ自炊し野菜やたんぱく質を多く摂る添加物を控えるなど食事に気を配る事を意識した生活を送ること健康的な体が作られますそれでも足りない栄養素はサプリメントでも補うなどするとより良いでしょう適度な運動も早朝のランニングや犬の散歩を日課にしてみたり週に一度ジムに通う気の合う仲間とフットサルで汗を流すなど時間を見つけ自分の体力に見合ったスポーツを楽しむ事でストレスも発散しながら楽しんで体力作りをする事が出来ます上記の二つは気が向くまでは億劫なところもあるのですが意識する事で出来てしまいますしかし良質な睡眠を摂ることを意識して寝よう寝ようと思う程眠れなくなってしまうものなのです寝つきが悪く睡眠不足が続く不眠症の症状をアルコールや睡眠薬に頼らずに改善するための三つの方法をご紹介します体を冷やさない人の体は日中の活動により温まり休む時にその熱を放出しながら眠りますこの時の温度変化で眠気が起き自然に眠る事が出来ますしかし冷え性の方や冷房が効き過ぎて体が冷えた状態だと眠ろうとした時に温度変化が少なく眠気が起きにくい状態となり寝つきが悪くなってしまいます就寝前には体を温めて自然と眠る準備をしましょう就寝前に体を温めるのに効果的な方法としては湯船に浸かり十分に体を温めたり就寝一時間前を目安にストレッチで血流を良くする事が良いでしょう光を遮断する私たちが寝る脳内からメラトニンが分泌され眠気が起きますこのことからメラトニンは睡眠ホルモンとも呼ばれます睡眠前に明るい光の中にいることでメラトニンが分泌されにくくなり自然に眠る事が難しくなるのですメラトニンを正常に分泌させるには夜に強い光を浴びない事が理想的です睡眠前には間接照明で過ごすなど徐々に明かりを調節する事でホルモンを整えて心地よく眠る事が出来ますまた睡眠前にパソコンやスマホの画面を見ると明るさにより脳が覚醒して眠りづらくなります体を休めなくてはいけない時は夜間のパソコンやスマホの使用を控えるようにしましょう自律神経を整える自律神経とは交感神経と副交感神経の二つからなりこの二つは全く逆の働きをします交感神経は日中に活発に活動出来るよう体のスイッチをオンにした状態です反対に副交感神経はリラックスした状態で体を休める時に働きますこの二つの働きを整える事で体の健康を保つ事が出来ます睡眠前に副交感神経に切り替わらなければ神経が興奮状態なのでなかなか寝付けなくなります副交感神経を優位にするのに特にお勧めなのがリラックス効果の高いハーブティーを夕食後に飲む事ですラベンダーやカモミールは非常にリラックス効果が高くイラつきを抑える効果もありますその他ミントティーなどリフレッシュ効果の高いお茶など自分の好みのハーブティーを見つけるのも良いでしょう良質な睡眠は免疫機能を高め疲労を回復し健康を維持するための重要なものですこの他にも肌のターンオーバーを正常化し老化を防ぎますダイエット効果や傷などの修復作用を促進したり記憶力や集中力を高め仕事や勉強でも成果を上げるにはきちんと睡眠をとることが必要不可欠です普段から休める時にはきちんと体を休めるとこは充実した生活を送る事が出来るのです
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です